国家戦略特区とは何|特区民泊、加計学園問題、スーパーシティー法

ビジネス・副業・起業

国家戦略特区とは?

「国家戦略特区」は、“世界で一番ビジネスをしやすい環境”を作ることを目的に、地域や分野を限定することで、大胆な規制・制度の緩和や税制面の優遇を行う規制改革制度です。平成25年度に関連する法律が制定され、平成26年5月に最初の区域が指定されました。

出典 内閣府 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html 

アベノミクスの主要政策であり、岩盤規制を打ち抜く突破口とするために、内閣総理大臣が主導して、地域を限定して経済特区を指定し、そのエリアでは、従来の規制を大幅に緩めることを目的としています。

また、この区域は「解雇ルール」、「労働時間法制」、「有期雇用制度」の3点の見直しを対象としているとの解説もありますが、様々な特区があり、雇用などのルール以外にも様々な規制が緩和、撤廃されています。

cf.民泊特区(旅館業法)、どぶろく特区 (酒税法)、ドローン特区

経緯

2013年(平成25年)10月21日、午前の衆院予算委員会で、雇用分野を所管する厚生労働相など、関係分野の大臣を、国家戦略特区ごとに設ける統合推進本部から、外す考えを表明。この件に関して安倍晋三総理は、「意見を述べる機会を与えることとするが、大切なのは意思決定。意思決定には加えない方向で検討している」と語った[4]

産業競争力会議竹中平蔵は、総理の主導により「地方から国にお願いして国が上の立場から許可するというもの」ではなく、「国を代表して特区担当大臣、地方を代表して知事市長、民間を代表して企業の社長という地方企業の3者統合本部でミニ独立政府の様に決められる主体性を持った新しい特区」であると語り、「特区を活用して岩盤規制に切り込みたいと思っている」と語っている[5]

特区の今後の方針について、竹中平蔵は、「(2014年)1月24日に召集される通常国会で国家戦略特区法をさらに磨き上げる」、「臨時国会で措置した特例措置は、あくまで暫定的な初期メニュー」、「さらに(規制改革の)項目を追加していかなければならない」、「更なる措置に向けて、早急な調整を進めるべき」というコラムを掲載しており、対象範囲を広げていく予定[6]

出典 wikipwdia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%8C%BA%E5%9F%9F

特区指定の地域

国・自治体・民間事業者の3者で構成される「国家戦略特別区域会議」を経て、「国家戦略特別区域諮問会議(議長:内閣総理大臣)」が決定

特区の指定手続き

特区として政府が地域を定めただけでは機能せず、

対象の自治体が、事業計画(区域計画)を策定し、内閣総理大臣の認定を受けて初めて特区として機能し、関係法令の適応が除外されます。

一例としては、民泊特区ですが、

東京都大田区が事業計画を策定 「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」 ➡内閣総理大臣の認定(特定認定)➡大田区が条例制定➡旅館業法の適応除外

(区域計画の認定)

第八条 国家戦略特別区域会議は、国家戦略特別区域基本方針及び区域方針に即して、内閣府令で定めるところにより、国家戦略特別区域における産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成を図るための計画(以下「区域計画」という。)を作成し、内閣総理大臣の認定を申請するものとする。

2~10略

出典  国家戦略特別区域法8条

色々な経済特区

農業、外国人材、雇用、医療など様々な特区がありますが、以下のように、主に10のエリアで様々な政策が行われています。

有名なのは、

  • 民泊
  • ドローン
  • どぶろく特区
  • 獣医学部
  • スーパーシティ法

等の分野ですが、 都市再生、創業、外国人材、観光、医療、介護、保育、雇用、教育、農林水産業、近未来技術 などで300を超える認定事業数があります。

出典

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/jigyou_all.pdf

出典 官邸サイトより https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/pdf/jigyou_all.pdf
国家戦略特区 規制改革メニュー一覧
内閣官房 国家戦略特区について 国家戦略特別区域諮問会議 規制改革

コメント