トランプ弾劾裁判まとめ

アメリカ大統領選関連

2021年(2019年に続き2度目の弾劾)

は2021年1月13日に合衆国議会議事堂の襲撃でトランプ大統領(の演説が、)「反乱を扇動(INCITEMENT OF INSURRECTION)」したとして弾劾訴追する決議案を提出

下院で、賛成232(民主党222、共和党10)、反対197(共和党197)で可決。10人の共和党員は造反し、賛成した。

2021年2月9日に上院で弾劾裁判開始

トランプ大統領は、1月20日に任期が満了しているものの、弾劾訴追は継続した。弾劾に先立ち、共和党らは、そもそも任期満了した大統領の弾劾は憲法違反であるという議案が提出されたが、反対多数で否決された。

弾劾裁判開始日に合憲である旨の議決が行われ弾劾裁判がスタートしたが、結果的には、

2021年2月13日の最終投票の結果、有罪57(民主党48、無所属2、共和党7)、無罪43(共和党43)となり、共和党から7名の議員造反し、有罪に投票(共和党院内総務のミツチ・マコーネルは無罪に投票した。)、弾劾に必要な3分の2の多数に達せずトランプ大統領は無罪となった。

弾劾終了後のトランプ弁護団のマイケル弁護士のインタビュー

Michael van der Veen 弁護士

Michael van der Veen - Wikipedia

コメント