サラリーマンが陥りやすい罠|投資・副業の勧誘に要注意|素人がやってはいけない投資・副業3選

ビジネス・副業・起業

サラリーマンが陥りやすい罠!!|投資の勧誘に要注意

サラリーマンが収入を座右題する方法として、自分のビジネス(商売)を経営するよりも、「投資」の誘いが多いのでしないでしょうか?

「お金に働かせる」とか、「労働所得は悪、不労所得は最高」などと、自己啓発本などには書かれていますが、素人がいきなり投資を投資に挑戦してもなかなか成功することは難しく、無膨大な勉強時間が必要で、勉強したからと言って投資が必ず成功するという保証はありません。

1.株式投資・FX・仮想通貨に手を出すな!!|IPO・ICOは詐欺師の主戦場!!

株式投資やFXなどを勧める成功者、発信者が多いと思いますが、株式マーケットは、勝つ人が少数であるから成功するのであって、言い換えればほとんどの投資家が負け越しているといえます。

株式投資・FX投資は、プロでも負ける場合が…

ヘッジファンドや年金基金ですら赤字を出すこともあるので、2、3冊の投資本を読んでチャートを見ただけで成功できるのであれば苦労しません。

リーマンショツクや仮想通貨の大暴落時に運悪く投資していると、生きた心地がしないので、精神衛生上も、かなり資金に余裕ができてからにしましょう。感覚的には、1000万円持っていたとして、100万円~200万円くらいでしょうか。

仮想通貨のICO詐欺に注意!!

なお、新規上場詐欺(IPO・ICO詐欺)も横行しいますが、「あなただけに有益な情報を教えます」とか、「某国の企業が上場したらすぐに○○円(ドル)投資することになってる」などのうたい文句で、よくわからない「ゴミ株」や「草コイン(糞コイン)」を売りつけられ、数百万、数千万単位で資金を巻き上げられたという話を耳にしますが、そんな有益な情報が、たかが数百万~ニ数千万程度の年収の一般人に回ってくるはずがありません。情報弱者のなけなしの財布を狙っているのです。

※因みに仮想通貨は、2020年2月現在、ビットコイン1強で、その他のコインの人気は、有名なイーサリアムやリップルなどでもそれほど高くありません。所有するならメジャーな取引所で流通できる有名なコインに限った方がよいでしょう。なお、日本では スイカ、ペイペイなど、他のQRコード決済、電子決済が優勢で、 投資目的(トレード)以外に、特に仮想通貨を所有するメリットはないように思えます。

※得する情報は、通常、人に言いません。自分自身で利益を独占するためには、他人に情報を教える訳はないでしょう。あるとしたら、詐欺師があなたの財布を狙っているからです!投資は、少なくとも自身でチャートなどを判断できるスキルを手に入れ、自分自身の責任でやりましょう!!

用語

IPO: Initial Public Offering、新規株式公開。新規株式で資金を調達すること

ICO: Initial Coin Offering、新規仮想通貨公開 。仮想通貨の発行で資金を調達すること。企業などが仮想通貨(通常、新規の仮想通貨を発行することをトークンと称します。)を独自で発行して、トークンを購入してもらうことで資金を調達する方法で、一見株の発行に似ていますが、明確なルールがないため、発行後価格が著しく下がったり、すぐに上場すると言って、なかなか上場しなかったりと詐欺行為まがいが横行しています。なお、非常によくあるのは、トークンが人気がなく、全く市場で流通せず、実質的に無価値となってしまうことです。

2.新築不動産投資は意味がない!特に新築アパートは未来の拘束具!!

新築不動産投資こそ無駄な投資はありません。特に新築のワンルームマンションやアパート投資は全くのお金の無駄で、投資家、銀行共にリスクを背負うだけで、仲介手数料を得た不動産業者とマンションを建設したデベロッパー(建設業者)を喜ばせるだけです。

不動産は極論から言えば、利回りがすべてで、利回りを上げるには、物件価格が安く・賃料が高いほどよいのです。一般的に、建物が古くなっても家賃はあまり下がらず、物件価格の下落は大きいため、古い物件を取得して貸すのが不動産投資の秘訣なのです。

新規不動産を勧めるのは、融資を受けやすいから|融資とは=金を持ってない人に借金を負わせること

新築物件を勧めるのは、長期のローンが可能であるからという以外に、特に理由はありません。銀行のローン期間は、物件の耐用年数により、新築であれば35年、20年落ちであれば、耐用年数までの数年しかローンが借りられず、お金のないサラリーマン投資家は、ほとんどの場合、不動産屋と銀行に押されて、新築を選んでしまいます。

新築マンションの利回りは、概ね、1%からせいぜい5%程度なので、この程度り利回りを追求するのであれば、アメリカの国債とかでも買っておけばよいでしょう。

35年の長期ローンで、アパートを買わされる人に不動産屋がセールスする場合「ローンを支払った後は、家賃がすべて自分のものになり、年金の代わりになる」と言いますが、大概、途中で生活が苦しくて売却したり、思ったように収益でず、生涯通して大赤字となっている不動産投資家も多く、金融商品と異なり、億単位で融資を受けている人も多いので、リーマンショツクなどの経済危機で、賃料が一時的にでも激減すると(賃料相場の低下のみならず、稼働率が低下することも大きなリスクです。)、最悪、人生終了ということにもなりかねません。

新築物件を勧めるのは、長期のローンが可能であるからという以外に、特に理由はありません。本当は中古物件の方がお得ですが、建物の耐用年数までしかローンが組めないとなると、返済期間が短くなり、今度は月々の返済が厳しくなります。結局のところ、不動産投資は資金のない人に向きません。

ポイント:新築投資は、単に銀行融資を受けやすいだけ、中古物件にこそ利益と夢が詰まっています。ただし、銀行は中古物件にお金を貸してくれません!!

どうしても不動産投資でという方は、最初はキャッシュで買える激安中古物件を手に入れ、リフォームするなどして地道に稼いでいくしかありません。

3.MLM(ネットワークビジネス)は情報弱者からの集金システム

MLMとはマルチメディアマーケテイングの略ですが、一般的にはネットワークビジネスと言われています。ネットワークビジネスは、紹介者を増やすことによりマージンをもらう形態の紹介ビジネスで、紹介者の紹介者からもマージンを得られるため、仕組み的に保険代理店などの普通の代理店ビジネスよりも儲かるように見えます。

法律上は商取引法を順守すればよい

法律上も、特定商取引法や出資法に抵触しなければ、つまり、きちんと法律に基づいた説明などを行っていれば、何ら問題はありませんので、特に規制はありませんが、消費者センターや法律家ヘの相談は近年増えています。※法律の要件を書くとマルチ商法やねずみ講となり、詐欺など法律に抵触します。

仕組みがそもそも破たん?

さて、MLMが儲かるかというと、ほとんどの場合は「難しい」と言えるでしょう、これは、このビジネスを最初何始めた人は、販路が拡大する段階で、利益を得ることができるでしょうけど、後から始めた場合、マーケート規模は決まっているため、新規勧誘(商品を売る)ことが難しく、結果的に加盟料の支払い損、商品代を巻き上げられただけということになってしまうでしょう。

なお、MLMのような紹介ビジネスの恐ろしいところは、紹介した人も不幸にしてしまい、結果的に人脈や友人・知人を失ってしまうことになりますので、成功の自信があったとしてもMLMは「人間関係を換金するビジネス」と認識して下さい。

なお、「金持ち父さん、貧乏父さん」という有名なビジネス本があり、この中で著者のロバート・キヨサキ氏が「ネットワークビジネスを推奨」しているかのような表現が書かれていますが、MIMで大きな利益を上げる労力を費やすのであれは、普通にモノを売った方が失敗は少なく、詐欺などの犯罪者となるリスクもありません。くれぐれも、詐欺行為の片棒を担がないよう注意してください!

MLMは、初期な始めた少数しか儲からない。法律上は問題ないと言っても、ねずみ講と仕組みは一緒なので、すぐにマーケットはレッドオーシャン(飽和状態)になってしまいまい。年金システムを見ても明らかなように、支払ってくれる顧客に限界をきたすようなシステムは、破たんします。

まとめ

素人は、金融投資、不動産投資、ネットワークビジネスに手を出さないように!投資をするならば、少なくともプロレベルになってからです。

プロレベルとは、金融商品であれば、投資ファンドの職員レベル、不動産であれば不動産業者で物件を販売できるレベル(もちろん宅建士資格は必須でしょう。)、なお、MIMでプロレベルになるのはおすすめしません。

コメント

  1. […] サラリーマンが陥りやすい罠!!|投資の勧誘に要注意|素人がやっていいけない投資3選サラリーマンが陥りやすい罠!!|投資の勧誘に要注意サラリーマンが収入を座右題する方法として […]

  2. […] サラリーマンが陥りやすい罠|投資・副業の勧誘に要注意|素人がやってはいけない投資・副業3選サラリーマンが陥りやすい罠!!|投資の勧誘に要注意サラリーマンが収入を座右題す […]